アニメ

ソードアートオンライン、アニメの総合評価

2016/10/17

bg
出典:http://www.swordart-online.net/aincrad/

スポンサーリンク



さて、今回は劇場版の公開が控えたアニメ、ソードアートオンラインの1期から2期を通しての総合的な評価をしてみようと思います。

アニメ開始から約3年ほどが過ぎましたが、現在でもSAOの凄まじい人気は衰えるところを知りませんね。

レンタルショップでもアニメDVDは相当な回転率を誇っているのではないでしょうか。

かくいう私自身もSAOは週1で観るレベルでももはや何回見直したのかわからないくらいです。(笑)

特に個人的にはSAO編からALO編の1期が凄く面白く、ハラハラドキドキに加えて恋愛、そしてその中で葛藤し、リアル感も出している1期があり、その1期を受けてこその2期だったと感じます。

個人的には、できればSAO編を含む1期は2クールでやって欲しかったという思いがあります。

あれを1クールで締めてしまったのは原作読んでいるほうからすれば惜しい部分ではあったかもしれません。

間を結構端折っていることが多かったので、そこをもっと緻密に、ゆっくりとアスナとキリトのやりとりが見られたら良かったかな?と思っています。

ただ、そうなるとALO編がごちゃごちゃしてきてしまうのも否めないので、やはり1クールで良かったのかな?なんてたまに自問自答したりしています。(笑)

制作に関わっているわけでもないのに、そういう自問自答はたまにやってしまうのがライター、及びファンの心なのかもしれないですね(^^;

ALOではアスナを変態(妖精王仮)から取り戻すというものでしたが、あれもハラハラさせられました。

ユイの復活と妹であるスグハ(リーファ)との絡みも中々良かったと思います。

ALOではMMOだけでなく現実世界のやりとりも多くなってきて、そして知らされる妹からの真実・・・しかしやはり心一本、折れないハートを持っているキリトの凄さには度肝を抜かれました。

私自身あんなことがあったのであれば、即心がごちゃごちゃになっていること間違いはありません。

その部分をうまく辻褄が狂わないように調整して物語構成している部分も川原礫先生の技量といえるでしょう。

アスナ奪還の際には泣かされました。画面越しで泣いている自分を見て笑ったのを覚えています。

それくらいSAOという作品は素晴らしいといえるものがあるでしょう。

2期のGGOはキリトの葛藤が凄まじく描かれていたよう思えます。

SAOでの心の傷をどう払拭するのか、その迷いや憤り、自分自身への弱さなどを見せつつも、最後は打ち勝つという素晴らしい、まさに男気あふれる少年であるのが忠実に描かれていたものでした。

そしてマザロザでアスナの心を描いている。

これは総合的にみてもう5段階評価するのであれば、辛口評価の私でもMAXの5を与えるのは不可避です。(笑)

それだけSAOというアニメは素晴らしいものに仕上がっていると私は思いました。

 

■ソードアートオンラインのアニメを無料で視聴する方法

ソードアート・オンラインをこれからチェック・復習する方はTSUTAYAの定額借り放題がおすすめです。

今なら定額借り放題&動画見放題が1か月無料キャンペーン中なので、無料で全部チェックできちゃいますよ♪

劇場版公開前にチェックしておきましょう!

■ソードアートオンラインの世界をじっくり楽しむなら小説・コミックがオススメ

ソードアートオンラインのアニメはクオリティが高く見ていて非常に楽しいですが、時間の関係で原作と比べると端折られている部分も多いです。

アニメよりもさらに踏み込んでソードアートオンラインの世界を楽しむなら、ソードアートオンラインの原点である小説版もチェックしておいてください。

また、コミックもおすすめですね。(画が気になるという人もたまにいますが。。)

まずはアニメをチェックして、小説とマンガは好みでどちらかをチョイスする感じでもいいかもしれません。

小説・コミックは、コミックの品揃え世界最大級を謳う【ebookjapan】であれば揃わないものはないと思うので、活用してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入っていただけましたら、ブックマークやSNSでのシェアもよろしくお願いいたします。

-アニメ