アニメ

ソードアートオンライン、2期最終回が泣ける!!

2016/10/17

j_ending02
出典:http://www.swordart-online.net/mothers/music/

スポンサーリンク



皆さんこんにちは、ライター葵です。
さて、今回はSAO2期最終回について述べようと思います。述べる、とは言ったものの、やはり2期最終回にコメントをするとすれば、「泣ける!」の一言ではないでしょうか?

ユウキストーリー、いやマザロザの真骨頂ともいえるあのラストは素晴らしい仕上がりを見せてくれました!

HIV患者であるユウキが最後にアスナに残したもの、それこそがマザーズ・ロザリオであり、そしてみんなが集まるシーンはもう涙なしには観れるものではありませんでした。

最終回の序盤も感動的でしたね。

やはりBGM、歌入りの映像はかなり涙を誘うものであると思いました!

アスナが肩にカメラを装着して色々とリアルをユウキに見せているシーンがとてもジーンときましたし、ちょっと回想っぽい雰囲気に戸松遥さんの歌が入ってもう最終回序盤から涙が溢れる展開に・・・これは意図して作られたものでしょうか?

そして容態が急変したユウキのもとを訪れるアスナが最終的に選んだ決断とはVRMMO世界で最後にユウキと出会うこと、でしたね!

最初に二人が出会った場所でマザロザをアスナに継承し、そして生きるという意味そのものを視聴者に教えてくれる場面を見せられました。

いや、見せてくれた、と言ったほうがいいかもしれませんね。あの場面は生きるということそのものに対して何かを訴えかける、そんなシーンであったように思えます。
そしてみんなに見守られたユウキは最後を迎えるという終わりでしたね。

その後、ちょっと早めのエンディングを挟んで、再びキリトアスナの会話へとお話が進みました。

これは3期を期待させる終わり方であるのは間違いありません。

最終的に茅場晶彦氏の思いや彼の行いそのものについて、そしてVRMMOと現実世界の接点や今後の話が盛り込まれていましたが、やはりあれは少し劇場版を匂わせる会話でもあり、そしてアリシゼーション編を匂わせる言葉でもありましたね!

今後のVRMMOとリアルはどうあるべきか、ということと、今後キリトとアスナはどうするのか、という会話でしたが、やはりラストは二人のイチャラブな会話が盛り込まれていました。「地球の裏側だって着いていくよ?」というアスナのセリフには、やはりアスナファンとしては妬ける、としか言いようがないものでありました。

そしてカメラ視点のユイと三人でラストシーンを迎えて2期の終わりということになりましたが、2期自体、やはり締めくくりが最高に良かったと思えるものでしたね。GGO編で葛藤と難題をクリアし、そしてマザロザで感動を持ってくる辺りが上手く構成されていると思いました。

今後、3期の制作に期待したいと思います!

■ソードアートオンラインのアニメを無料で視聴する方法

ソードアート・オンラインをこれからチェック・復習する方はTSUTAYAの定額借り放題がおすすめです。

今なら定額借り放題&動画見放題が1か月無料キャンペーン中なので、無料で全部チェックできちゃいますよ♪

劇場版公開前にチェックしておきましょう!

■ソードアートオンラインの世界をじっくり楽しむなら小説・コミックがオススメ

ソードアートオンラインのアニメはクオリティが高く見ていて非常に楽しいですが、時間の関係で原作と比べると端折られている部分も多いです。

アニメよりもさらに踏み込んでソードアートオンラインの世界を楽しむなら、ソードアートオンラインの原点である小説版もチェックしておいてください。

また、コミックもおすすめですね。(画が気になるという人もたまにいますが。。)

まずはアニメをチェックして、小説とマンガは好みでどちらかをチョイスする感じでもいいかもしれません。

小説・コミックは、コミックの品揃え世界最大級を謳う【ebookjapan】であれば揃わないものはないと思うので、活用してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入っていただけましたら、ブックマークやSNSでのシェアもよろしくお願いいたします。

-アニメ