アニメ

ソードアートオンラインのアニメネタバレ含む考察!

2016/10/17

bg1
出典*http://www.swordart-online.net/phantom/

スポンサーリンク



皆さんこんにちは、ライター葵です。

さて、今回はSAOの色々な部分を抜き出して考察したいと思います。ネタバレを含みますので まだネタバレを回避したい!という方は一気に記事の仮装までスクロールしていただき、アニメ無料視聴のご案内からご覧ください。(笑)

SAOと言えば、最初この話ってどうなるのかわからんというような進み具合でしたね。

むしろ先の読めない話というのは視聴者としては面白いものでありましたし、原作を既に読んでいる方もまたアニメではこういう風になっているのかという楽しみもあって中々いいものでした。個人的には序盤でアスナの可愛さに魅了され、そして物語は進んでいくことに見る手が止まらないのも事実でした。

SAO編で、圏内殺人のお話には驚かされました。私はてっきりあの殺人ギルド的な輩が絡んでいるのだと思っていたのですが、そこはまあ絡んではいたのですがまさか旦那が嫁を殺すという展開になっていたとは思いもしませんでした。

まあ彼の言いたかったことは私もわからなくはないのですが、しかし殺すまでいくというのは想像はできませんでした。それに圏内殺人に見せかけるという仕掛け自体も見破ることはできませんでした。

まさか、転移エフェクトと死亡エフェクトを似せて行った犯行であったなんて誰がわかるというのか!それだけに、「ああ、なるほど!」となるのも当然だったと言えば当然でした。

そして間でキリトとアスナのイチャラブ回が長きに渡って繰り広げられます。ユイちゃんが実はAIであったということも、その時にわかったことですね。

しかしユイちゃんというキャラクター自体はAIであろがなかろうが、キリトとアスナの子供であるという定義からは外せないという感じですね!ユイちゃんの存在はSAOを見る上で欠かせない役割となっていたからです。特にユイちゃんが登場してからの物語上、ALO編でもユイちゃんは頻繁に出演しますが、ユイちゃんの役割はとても重要でしたね!

そしてSAOラストを飾るのがあの謎の最強団長であるヒースクリフです。ヒースクリフが登場するまでははっきり言ってキリト最強でしょうと思っていた私ですが、ヒースクリフとの決闘でキリトが破れたあたりからちょっと胡散臭い気がしていたのは確かです。

どうも強すぎるな、コイツ、という感じはありました。しかし世の中にはプロという人もいるので上には上がいるという思いで観ていましたが私の予想は的中し、結局ラスボスは茅場晶彦氏であったということです。

ヒースクリフ=茅場晶彦氏というのは大体の人が読めていたことではないでしょうか?しかし、それは恐らく原作者である川原礫さんも想定済みであったでしょう。だからこそ、あそこでキリトを庇ってアスナが死ぬという設定に持ち込んだのだと思います。

まさかあそこでアスナが自らを犠牲にして、麻痺を振りほどきキリトを庇って死ぬという結果自体読めなかったことでした。
川原礫先生には驚かされてばかりです。

しかし、SAOという物語自体がもはや先の読めないワクワク感に包まれたものですので、3期の期待が高まっているのは、みんな同じではないでしょうか!?
アニメ第3期のスタートを楽しみに待ちましょう!

 

■ソードアートオンラインのアニメを無料で視聴する方法

ソードアート・オンラインをこれからチェック・復習する方はTSUTAYAの定額借り放題がおすすめです。

今なら定額借り放題&動画見放題が1か月無料キャンペーン中なので、無料で全部チェックできちゃいますよ♪

劇場版公開前にチェックしておきましょう!

 

■ソードアートオンラインの世界をじっくり楽しむなら小説・コミックがオススメ

ソードアートオンラインのアニメはクオリティが高く見ていて非常に楽しいですが、時間の関係で原作と比べると端折られている部分も多いです。

アニメよりもさらに踏み込んでソードアートオンラインの世界を楽しむなら、ソードアートオンラインの原点である小説版もチェックしておいてください。

また、コミックもおすすめですね。(画が気になるという人もたまにいますが。。)

まずはアニメをチェックして、小説とマンガは好みでどちらかをチョイスする感じでもいいかもしれません。

小説・コミックは、コミックの品揃え世界最大級を謳う【ebookjapan】であれば揃わないものはないと思うので、活用してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入っていただけましたら、ブックマークやSNSでのシェアもよろしくお願いいたします。

-アニメ