アニメ

ソードアートオンラインの動画!OVAの感想!

2016/10/17

j_ee
出典:http://www.swordart-online.net/package/ee.html

スポンサーリンク



皆さんこんにちは、ライター葵です。

さて、今回は1期・2期の間にあったOVAについて感想を述べたいと思います。OVAとは言っても、内容の半分は1期の総集編みたいなものでしたけれどね。。

それでもオリジナルストーリーも含まれており、中々楽しめるものでもありました!

特に、アスナ及びリズ、スグハ、シリカの水着OVAでもありましたからね。特大水着回と呼んでもいいくらいに素晴らしいものであったとも言えるでしょう!(ファンサービス的要素が強かったとも言えますね。)

まあ水着はともかく、リアルのストーリーと共にキリトやアスナたちの回想を元に過去を振り返るものが大体の前半でした。

残念ながらキリトは彼女たちの水着姿を拝むことはできなかったようですが、しかし、回想シーンでもやはりいいところは茅場晶彦氏が持っていくとい展開になっています。(笑)

あくまでも私個人感想としてですので、全員が全員そうであるとはいいませんが、個人的にはあの茅場晶彦氏が回想シーンで格好つけて白衣のポケットに手を突っ込んで山寺ボイスで語ってくれるシーンはどうもカッコイイ感じなんですよね。(笑)

ともあれ、主のストーリーとしては、キリトと総務省の某氏二人が過去について語る場面とアスナ・リズ・シリカ・スグハがプールで回想する場面とのふたパターンが同時進行で行われるというのが前半でした。

スグハが泳げなかったというのも意外な話ですね。あれだけ運動神経抜群なスタイルを見せつつ泳ぎが苦手っていうのはある意味キャラ立ての要素を含める為だったのか、それともOVAのためにオリジナルで作り出したのかはわかりませんが、以外であったのは事実です。

そしてアスナの胸が意外に大きいというのも男性目線で恐縮ですが、ちょっとビックリでしたね。(笑)

リズもそうですが、結構平均以上のものをお持ちであったのでそこはビックリでした。シリカは・・・まあお察しの通りですが、それでも水着回というのをOVAであれだけ盛り込んでくるとは思ってませんでした。

実際の1期では水着回はないもののアスナの下着回はあったので、それはそれで美味しいとは思ったのですが、やはりアニメというのは水着回がなければならないという風潮がどうしてもあります。(?)

そこの空気を読んでのOVA水着祭りだったのかもしれませんね!

ともかく、スグハが泳ぐ特訓をしていたのは前半、後半は別のストーリー展開へと進みましたね。

ユイちゃんが意外にも鯨が見たいと言ってそのクエストのための泳ぎ練習だったとはよく考えたものです。しかしユイちゃんが主役と思いきや、実はそうでもない。もっとユイちゃんをピックアップして出して上げても良かった気はします。

そして現る謎の王たちですが、あれは結局2期につながっていたというわけですね。OVAのユイの鯨エピソードが2期のマザロザ前の小休止回につながっていたというわけですね。まあそれはそれで納得ですけれど、個人的な感想を言えばあの回はいらない気もしました。(^^;

ともあれ、OVAを総括して評価するならとても良いものであったと言えるでしょう。総集編とは言ってもそこまで過去の回想が出てくるわけでもなく、途切れとぎれいい部分だけを抜き出して回想シーンとして起用したということになります。上手く作られていると思いました。

そしてなによりも水着回の素晴らしさも再確認できたということで、今回のOVA感想を締めくくりたいと思います。(笑)

 

■ソードアートオンラインのアニメを無料で視聴する方法

ソードアート・オンラインをこれからチェック・復習する方はTSUTAYAの定額借り放題がおすすめです。

今なら定額借り放題&動画見放題が1か月無料キャンペーン中なので、無料で全部チェックできちゃいますよ♪

劇場版公開前にチェックしておきましょう!

 

■ソードアートオンラインの世界をじっくり楽しむなら小説・コミックがオススメ

ソードアートオンラインのアニメはクオリティが高く見ていて非常に楽しいですが、時間の関係で原作と比べると端折られている部分も多いです。

アニメよりもさらに踏み込んでソードアートオンラインの世界を楽しむなら、ソードアートオンラインの原点である小説版もチェックしておいてください。

また、コミックもおすすめですね。(画が気になるという人もたまにいますが。。)

まずはアニメをチェックして、小説とマンガは好みでどちらかをチョイスする感じでもいいかもしれません。

小説・コミックは、コミックの品揃え世界最大級を謳う【ebookjapan】であれば揃わないものはないと思うので、活用してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入っていただけましたら、ブックマークやSNSでのシェアもよろしくお願いいたします。

-アニメ