アニメ

境界の彼方「劇場版 未来編」のネタバレ!

2016/10/17

kv1
出典:http://anime-kyokai.com/ticket/

スポンサーリンク



皆さんこんにちは、ライター葵です。

今回はアニメ劇場版「境界の彼方」未来編のご紹介について書きますが、ネタバレを含んでいますのでまだご視聴されていない方はご注意下さい。

ネタバレを含む大まかな内容ですが、その中でも私の気になったことについて今回は触れようと思います。

特に気になったキャラやシーンと言えばやはり秋人の母親である弥生さんです。テレビアニメ版では頭のネジが緩く、あるいは吹っ飛んでいるお方として君臨していましたね。

なぜか猫耳に「にゃー」という語尾をつけてハガキから登場していましたが、それはおいておいて、劇場版ではシリアスな展開が多かったように思えます。

キーマンの一人として劇場版では話を盛り立ててくれました。

しかし思うのがやはりこの人は只者ではないということですね。異界士であるのはわかっていることですが、それにしてもあそこまでキテいる人だとは予想していませんでした。

いい意味で期待(?)を裏切ってくれたキャラクターでした。

そしてかつての弥生さんの正体についても仄めかされるシーンもあり、なんだか食えないキャラだな~と思わされました。

そして影の主人公でもある博臣についても少し驚かされる部分がありました。

未来編では現在の名瀬家の当主として君臨していたのですが、泉の暴走など様々な事件があり、自ら迷い葛藤するシーンなど、印象的な場面を見せてくれました。

姉である泉を越えるという目標でも、そしてなにより泉を救うという意味でも博臣はイケメンっぷりを発揮していました。

もちろん度が過ぎたシスコンっぷりも!(笑)

未来編でいうと「愛と絆」がキーワードとなっていましたが、未来と秋人関係だけでなく、その他の登場人物も含めて幾重にもそれが重なってくるものとなっていました。

そして博臣と泉と美月、この兄妹愛というものが素晴らしく思いました。

姉の泉は名瀬家を守るというよりは弟と妹を守るという意味で体に妖夢を宿していたということですが、しかし泉はその妖夢に心を食われて暴走してしまいます。

博臣は他の案件を無視し姉の下へと向かいます。

これこそが愛情であり、また自己犠牲、そして幸せとはなにか?というものを考えさせられるものであると私は思いました。

そしてさらに弥生と秋人のストーリーでは息子に対する弥生の愛情の深さというものが切に感じ取れました。

オムライスのシーンは感動的でしたね!

どこかのストーリーと被っている気はしましたが、それでもかなりいい親子愛であることがわかりました。

いかがでしたでしょうか?

ネタバレを含みつつも、まだ観ていない方には本編への期待を消滅させない形で書いてみたつもりです。

「境界の彼方」は、1人1人の登場人物が非常に魅力的で、言葉で表しきれないものを持っている作品だと個人的には思っています。

もちろん作品全体としても最高に魅力的でした!

これは本当にいい物語なので、まだ観ていない方はぜひチェックしてみてください!

また、観るときはハンカチのご用意をお忘れなく!

 

■境界の彼方のアニメを無料で視聴する方法

境界の彼方をこれからチェック・復習する方はTSUTAYAの定額借り放題がおすすめです。

今なら定額借り放題&動画見放題が1か月無料キャンペーン中なので、無料で全部チェックできちゃいますよ♪

TSUTAYAといえばレンタル、というイメージがありますが、動画配信もやってるので便利です(^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入っていただけましたら、ブックマークやSNSでのシェアもよろしくお願いいたします。

-アニメ