アニメ

境界の彼方「劇場版 未来編」の評価!

2016/10/17

maintheme3
出典:http://anime-kyokai.com/music/

スポンサーリンク



皆さんこんにちは、ライター葵です。

今回は境界の彼方「劇場版 未来編」の評価について述べていきたいともいます。

評価とはいっても個人的なものですのであしからず。

■劇場版は独立した作品として観れる最高傑作

個人的な評価としてはやはり最高のアニメ映画であったのは間違いないと思います。

テレビアニメの劇場版というよりは「劇場版 境界の彼方 I`LL BE HERE」という2本立ての作品という1つの大きな劇場版作品であったように感じました。

内容も過去の映画のどれをも上回るものであり、素晴らしい内容になっていたのは間違いありません。

テーマにもなっている「愛」と「絆」というものが特に全面に押し出されることなく、しかし奥にひっそりとしまっているわけでもなく、深い物語でありました。

これは秋人や未来だけに関わらず、出てくる登場人物全員に言えることであるでしょうね。

つまり博臣と泉や弥生の立ち位置、そして美月などの登場人物など全員がこの「絆」という部分では関係してくると思いました。

博臣に関しても素晴らしく活躍してくれており、泉の暴走を止める名瀬家の当主として、そして姉への思いと絆が切に描かれていました。

そして本題の秋人と未来についてもとても良かったと思います。

秋人が境界の彼方という最強の妖夢を体に戻してから未来が記憶を失い、しかし最後までその記憶は元には戻さずに、それこそが「愛」というものだったのかもしれません。

秋人から未来への愛や絆と未来から秋人への愛と絆、双方がしっかりと描かれていたように思えました。

ラストシーンやモノローグでもその愛や絆については深く触れていました。秋人が未来へ、これは過去未来の未来という意味で未来ちゃんそのものへという意味でも深い物語であることがわかります。

告白シーンが特にその特徴的なものでもあり、またバトルシーンもその絆や愛を象徴していたように思えました。

踏切がいい味を出していましたね。(まだ観てない方ごめんなさい。)

総括して評価をするならば、これは過去にないほどに素晴らしい作品であると言えます。

どの劇場版にも言えることですが、テレビアニメ版があってこその劇場版となることがほとんどです。

しかし、この境界の彼方に関してはテレビアニメ版がなくてもひとつの劇場版作品として観れるほどの完成度のものでした。

まだご覧になってない方には是非おすすめしたい作品です。

そしてご覧になる場合には、ぜひ過去編・未来編と順番通りに観てください。

過去編はアニメ版の総集編的要素も含みますが、劇場版作品として過去・未来の位置単位を構成するという意味で省略はしないほうがいいです。

手軽に無料で境界の彼方をチェックする方法もご紹介しておきますね♪

 

■境界の彼方のアニメを無料で視聴する方法

境界の彼方をこれからチェック・復習する方はTSUTAYAの定額借り放題がおすすめです。

今なら定額借り放題&動画見放題が1か月無料キャンペーン中なので、無料で全部チェックできちゃいますよ♪

TSUTAYAといえばレンタル、というイメージがありますが、動画配信もやってるので便利です(^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入っていただけましたら、ブックマークやSNSでのシェアもよろしくお願いいたします。

-アニメ