アニメ

境界の彼方の聖地!世田谷の「邪宗門」について

2016/10/17

still_07
出典:http://tv.anime-kyokai.com/story/02/

スポンサーリンク



皆さんこんにちは、ライター葵です。

今回は境界の彼方のアニメに登場する「新堂写真館」というところの聖地について触れていきたいと思います。

「新堂写真館」はアニメでは、写真館&和菓子屋を経営し、主人公である秋人らの数少ない異界士の知り合いが住む店でも知られている場所です。

ここは現実では「邪宗門」というお店が舞台となっております。アニメではジブリの「耳をすませば」で、別の「邪宗門」が取り上げられて有名となっておりますが、世田谷の邪宗門は境界の彼方によりその知名度を一気に押し上げたオシャレな喫茶店でもあります。

アニメでは秋人と過去に一戦を交えている、新堂彩華と同じ学校に通う妖夢の新堂愛が同居するお店で、特に新堂彩華については度々アニメでも準主役級として登場していたのが印象的でもあります。

そして現実での「新堂写真館」は「邪宗門」という喫茶店であり、そこのマスターはアニメ境界の彼方で有名になったことからかなり境界の彼方に詳しいらしいです。

訪れる聖地巡礼者と互角に語り合う知識を持っているそうで、聖地巡礼を行う際には一番に訪れたいとファンの中でもかなりの人気を誇っている喫茶店であることが窺えます。

実際のお店とアニメのお店ではかなり似ているようであり、京アニならではの要素も含まれていると言っても過言ではないはずです。

実際のお店にあるものや家具の配置などほとんどがそのままに使われており、そこもファンにとってはかなり嬉しいポイントであることがわかります。

お店の外観もそのままであり、唯一違うと言えば中では畳のお部屋はないということと、名前が違うということくらいで他の部分は完璧と言えるほどにそっくりに描かれている模様です。

ドアの形や装飾までが酷似しており、ファンの心を揺さぶるものがあるのは間違いありません。

邪宗門に続く道もかなりそっくりに作られているのですが、一部舗装がされていたり道路の修繕などが行われている所為か少し違う部分もありますが、それでも塀の角度やそこに連なる家々もかなりそっくりに描かれていてファンとしてはかなり嬉しいですね。

お店の中や間取りなどもほぼそっくりであり、カウンターや机、椅子、装飾なども完璧にそのままであり、これほど聖地巡礼にきた甲斐があると言えるところは他にないかもしれません。

京都アニメーションの制作スタッフは他のアニメ制作会社とは違いロケハンの舞台となっている場所をそっくりに描いてくれている部分がほとんどなので、京アニの聖地巡礼はかなりファンの間では人気が高いものとして取り上げられているのは言わずとも知れたことですね。

まだ一度も訪れていない方は是非行ってみては如何でしょうか?

初めての聖地巡礼にもおすすめの場所ですよ(^^♪

 

■境界の彼方のアニメを無料で視聴する方法

境界の彼方をこれからチェック・復習する方はTSUTAYAの定額借り放題がおすすめです。

今なら定額借り放題&動画見放題が1か月無料キャンペーン中なので、無料で全部チェックできちゃいますよ♪

TSUTAYAといえばレンタル、というイメージがありますが、動画配信もやってるので便利です(^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入っていただけましたら、ブックマークやSNSでのシェアもよろしくお願いいたします。

-アニメ