アニメ

境界の彼方劇場版「過去編」について

2016/10/17

pkgimg01
出典:http://anime-kyokai.com/bd-dvd/

スポンサーリンク



皆さんこんにちは、ライター葵です。

今回は境界の彼方、「劇場版 過去編」についてのお話になります。

かなりざっくりとしたものにはなってしまいますが、ネタバレ等も含みますので、まだ観ていない方はお気を付け下さい。

まあ、ネタバレと言っても、過去編に関して言えば、総集編という見方でもおかしくはないのでアニメ版の視聴をしていた方に関してはネタバレもなにもないのですが・・・。

ともあれ、本題に移りましょう。

過去編、「劇場版・協会の彼方 I`LL BE HERE」ですが、全体的にアニメ版の大幅なカットをされ、そして再編集された物語であることがわかりました。

もちろん総集編といっても過言ではありませんが、アニメ版とは違い主に秋人と未来の二人についての「愛と絆の物語」という感じでした。

二人が出会いそして序盤に未来の目的についてのセリフがあって、アニメ版を見ている人でもそうでない人でも楽しめる内容になっていると感じました。

サクッと見れるものであり、これは劇場版の未来編へ繋がるいわば序章のような感じがありました。

アニメ版の再編をして未来と秋人の絆と彼らの想いについて深く掘り下げたものであり、そこから次の舞台へと繋がるプロローグといった感じですね!

それこそがこの過去編の醍醐味でもあったのではないでしょうか?

他の登場人物についても大幅にカットされている部分が多いですが、それでもあの名瀬家の二人についてはいつもどおりの面白さを見せてくれました。

博臣も相変わらずのシスコンっぷりであり、また美月も相変わらずのサディストでSっぷりを見せてくれていて、アニメの楽しさがギュッと凝縮されたような感じもありました。

しかし総集編とはいったものの、やはりカット部分が多く、もし総集編というのを期待してみると残念に思える可能性は否めません。

総集編というよりはテレビ版の重要な部分、特に秋人と未来の重要なシーンを抜き取り再編集したものであり、最後の境界の彼方との一戦についてはアニメどおりのものでもあり、かなりの迫力があるのは間違いありません。

なので、これはこれでアニメ版の総集編としてみるのではなく、劇場版の過去編として割り切って見るのがいいかもしれません。

意図的に過去編と未来編に分けているだけあって、合わせてみることですっきるまとまる感じがありました。

被りが気になる、という方もいるかとは思いますが、アニメを見た方も細かいところなどは忘れてしまっているでしょうし、どうせ見るなら両方見るほうがオススメですね。

そしてまだ劇場版を見ていない方は、超おすすめの作品になりますので是非ご覧ください!

 

■境界の彼方のアニメを無料で視聴する方法

境界の彼方をこれからチェック・復習する方はTSUTAYAの定額借り放題がおすすめです。

今なら定額借り放題&動画見放題が1か月無料キャンペーン中なので、無料で全部チェックできちゃいますよ♪

TSUTAYAといえばレンタル、というイメージがありますが、動画配信もやってるので便利です(^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入っていただけましたら、ブックマークやSNSでのシェアもよろしくお願いいたします。

-アニメ