アニメ

境界の彼方映画版の内容について【多少ネタバレあり】

2016/10/17

kv2
出典:http://anime-kyokai.com/trailer/

スポンサーリンク



皆さんこんにちは、ライター葵です。

今回は境界の彼方の映画について書いていきます。

■ラノベ→アニメ→映画

境界の彼方と言えば原作はライトノベルであり、それがアニメ化されたものでありますね。

通常のテレビアニメでは全12話+OVA2本でしたが、その後劇場版の告知がなされて境界ファンは一気に盛り上がったことでしょう。

もう劇場版が終わって結構経ちますが、それでも境界ファンは未だに聖地巡礼を行うほど人気なものでもあり、今後、もしかしたら続編などがあるかもしれません。

原作は全部出ていますので、恐らく続編はないのでしょうが、アニメオリジナルとしてまだ続きがあるかもしれません。京アニはオリジナルものが多いだけに続編もありうるかもしれませんね。

それはさておき今回は劇場版の内容になります。

■境界の彼方映画版の内容

内容とはいってもあまりネタバレするのもアレなので、さっくりというと過去編と未来編の2部作という形になっております。

時間軸的に過去編はアニメそのままであり、未来編はテレビアニメから1年後の未来を描いたものとなっております。

過去編は2015年3月14日に未来編は2015年の4月25日に公開され、キャッチコピーとして「わたしがわたしであるために」や「絆と愛、そして未来へ」などになっています。

過去編ではテレビアニメの総集編という形になっており、時間軸的にはテレビアニメと同じとなっています。

過去編はテレビアニメを観ていない方や境界の彼方を知らない方にも楽しめるものとなっておりまして、いわゆるざっくりと境界の彼方の世界を掴めるものとなっています。

未来編では時間軸的にテレビアニメの一年後を描いており、これは過去編やテレビアニメを観ていない場合はよくわからない内容になっているのは否めません。

ざっくりというと、境界の彼方が秋人の体の中に戻って、未来が消滅したと考えられていたある日の話で、秋人と未来が突然再開を果たすところから始まります。

未来は記憶を失っている状態となっており、その後の秋人と未来のお話が主軸となっています。名瀬は失踪した泉に変わって博臣が当主となっているもので、そんな中、異界士が次々に襲われる事件が起こります。

再び4人で歩き出す未来が描かれているもので、テレビアニメや過去編を見ている場合はかなり楽しめることは間違いないでしょう。

監督はテレビアニメと同じ方であり、制作スタッフも同じ方々が動員されていて、境界の彼方ファンは確実に楽しめるものとなっています。

まだ観ていない方は是非ご覧になって下さい。

 

■境界の彼方のアニメを無料で視聴する方法

境界の彼方をこれからチェック・復習する方はTSUTAYAの定額借り放題がおすすめです。

今なら定額借り放題&動画見放題が1か月無料キャンペーン中なので、無料で全部チェックできちゃいますよ♪

TSUTAYAといえばレンタル、というイメージがありますが、動画配信もやってるので便利です(^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入っていただけましたら、ブックマークやSNSでのシェアもよろしくお願いいたします。

-アニメ