アニメ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第26話「新しい血」のあらすじと感想

2016/11/30

05-1
出典:http://g-tekketsu.com/2nd/story/26.php

スポンサーリンク



機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズは、機動戦士ガンダムシリーズ作品の一つです。

鉄血のオルフェンズは、1期と2期に分かれていて、1期は2015年に放送され、2期は2016年に放送されています。

今回は第2期の1話となる鉄血のオルフェンズ第26話「新しい血」のあらすじと感想を紹介します。

■新しい血のあらすじ

鉄血のオルフェンズ第2期1話である「新しい血」は、最初に火星にある慰霊碑の前から物語が始まります。

第1期の最終話より少し時間が経っているようで、主人公の「三日月・オーガス」が所属している組織「鉄華団」は、火星にある組織の本隊とは別に地球支部を作るほど大きく成長しています。

物語の最初に出てくる慰霊碑は、第1期で鉄華団に所属していたが死亡してしまったキャラクター達の名前が刻まれていて、三日月と鉄華団の団長である「オルガ・イツカ」が今後の鉄華団について話しています。

慰霊碑のシーンが終わると、現状の世界の実状の説明があり、その中鉄華団ので地球支部の存在や鉄華団がマフィアである「テイワズ」の傘下に入ったなどの説明があります。

その説明の後に場面が写り、鉄華団の本隊がある火星基地の様子が描かれます。

鉄華団には新たなメンバーが入り、それと同時に新たなモビルスーツである「獅電」が配備されていて、第1期と比べて戦力の増強が行われていました。

それと同時に鉄華団が所持しているガンダム「ガンダムバルバトス」と「ガンダムグシオンリベイク」は現状修理に出されていることが語られています。

また、鉄華団の団長であるオルガも第1期では戦艦やモビルワーカーで前線に出て指示を出していましたが、現在はスーツを着て事務仕事も行っている姿が描かれていました。

鉄華団のシーンが終われば、鉄血のオルフェンズの重要キャラクターである「クーデリア・藍那・バーンスタイン」が会長をしている「アドモス商会」でのシーンに入ります。

アドモス商会では、クーデリアが「アリウム・ギョウジャン」という人物と語っていましたが、クーデリアはアリウム・ギョウジャンの頼みを断ります。

それによりクーデリアは数週間後に行われるアドモス商会のハーフメタル採掘の視察に対してアリウム・ギョウジャンが何かしらの妨害をしてくると悟り、鉄華団に連絡をします。

連絡を受けた鉄華団は、視察の防衛の依頼を受けますが、それと同時に三日月をテイワズに預けてあるガンダムバルバトスの受け取りに向かわせます。

そこからまた場面が変わり、次はギャラルホルンで行われている会議のシーンが映ります。

ギャラルホルンでは、現在の火星の状態について話し合われていて、その中に第1期で鉄華団の援助を行っていた「マクギリス・ファリド」の姿もありました。

ギャラルホルンのシーンが終わると場面は火星に戻り、鉄華団は視察の妨害に現れた海賊「夜明けの地平線団」との戦闘に入ります。

夜明けの地平線団はモビルスーツを使って鉄華団に戦闘を仕掛けてきていて、鉄華団も現在あるモビルワーカーとモビルスーツで応戦します。

しかし、夜明けの地平線団はモビルスーツを6体増援として用意していて、鉄華団が不利になりますが、そこに三日月がガンダムバルバトスルプスと共に火星に戻ってきて、増援の部隊の上空から奇襲を仕掛けて敵モビルスーツ1体を倒します。

その後、オルガから三日月に対して「おかえり」という言葉の後、三日月の「ただいま」という返事があり、鉄血のオルフェンズ第26話が終わります。

■新しい血の感想

今回の物語は前半は世界や鉄華団、クーデリアなどの現状を語るシーンが多くなっていて、説明のおかげで現在の鉄華団の立ち位置やギャラルホルンの内情を知ることができました。

さらにガンダムバルバトスは改修されて新たな姿となり、第1期で登場した第4形態に近い形に変わっていたのも見どころでした。

今回の話で一番印象に残ったのは、話の最後のバルバトスが帰還し、そのまま敵をメイスで薙ぎ払ったシーンです。

同時に流れていたオープニングテーマもかっこよく、やはり戦闘の動いているシーンは見所がありました。

バルバトス以外にも、鉄華団の新機体である紫電が戦っているシーンもあり、紫電の戦闘もかっこよかったです。

ガンダムバルバトスと一緒にガンダムグシオンリベイクもテイワズによって改修されているとの話があったので、今後の話でグシオンを含めたモビルスーツ系の機体が増えていくのも楽しみです。

しかし、鉄華団は組織としてかなり大きくなっていて、それが原因で敵も増えそうなので、今後鉄華団メンバーがどうなるかなどもかなり気になります。

鉄血のオルフェンズ第26話の新しい血は、2期の1話として世界の説明などもしっかりしていて、戦闘シーンもかっこよく楽しめた回でした。

2話以降に新たな人物や機体も登場し、次回からオープニング、エンディングも追加されるので、そこも気になります。

■鉄血のオルフェンズを無料で視聴する方法

TSUTAYADISCASのTV配信を利用すれば鉄血のオルフェンズ第2期が何回でも見放題です。

また、第1期についてもDVDを借り放題♪

更に、今なら一か月無料お試し期間がありますので、一か月の間であれば無料で動画のチェックが何度でも可能となります。

「見逃した!」「前回の放送をもう一度見直したい!」という方は登録してチェックするといいですね。

■鉄血のオルフェンズを無料&お得に視聴する方法

鉄血のオルフェンズはアマゾンビデオで第1期、第2期ともに視聴可能です。

またアマゾンビデオはアマゾンプライムの会員(年間3,900円)になれば無料で見放題です。

お金こそかかりますが、その他の動画配信の相場が月1,000円程度することを考えると、アマゾンプライムは月わずか325円で済みアマゾン利用時のお急ぎ便が無料になるなど、動画視聴以外のメリットもあるので非常におすすめですね。

アマゾンビデオでは、鉄血のオルフェンズ以外のガンダムシリーズも一通り見放題になっているところも魅力です。

多少お金を払ってもいい方、またはすでにプライム会員の方はアマゾンビデオで鉄血のオルフェンズをチェックするのがおすすめです!
※こちらも今なら30日間無料体験をやっています!

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアをよろしくお願いいたします。

-アニメ