アニメ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第27話「嫉心の渦中で」のあらすじと感想

2016/10/30

01
出典:http://g-tekketsu.com/2nd/story/27.php

スポンサーリンク



機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズは、主人公の「三日月・オーガス」が所属している組織「鉄華団」を中心に物語が進むガンダムシリーズです。

他のガンダムシリーズと違い、ビーム兵器が出ず、ガンダムには珍しいメイスでの打撃などで戦闘を行っていて、今までのガンダムシリーズと違う印象で楽しめます。

今回は鉄血のオルフェンズの第2期の2話である「嫉心の渦中で」のあらすじと感想を紹介します。

■嫉心の渦中でのあらすじ

鉄血のオルフェンズ27話の嫉心の渦中では、前回の新しい血で行われていた戦闘シーンの続きから始まります。

前回は主人公の三日月と三日月が操るガンダム「ガンダムバルバトスルプス」が火星に帰還し、敵である「夜明けの地平線団」のモビルスーツとの戦闘を始めたシーンで終わりました。

今回はその続きから始まり、夜明けの地平線団の増援として来た6体のモビルスーツとバルバトスが戦闘に入り、バルバトスが大型メイスを使い、敵を薙ぎ払っていきます。

その戦闘を観ながら鉄華団の新入りである「ハッシュ・ミディ」が他のメンバーから三日月が「鉄華団の悪魔」と呼ばれている由来を聞きます。

バルバトスの介入によって夜明けの地平線団は状況が不利になり、すぐに撤退信号を出して逃げていきます。

鉄華団のメンバーである「シノ」は自身が乗っている紫電で追おうとしますが、三日月が「バルバトスが動かなくなった」と言ったので、追撃を諦めて戦闘が終わります。

戦闘が終わるとオープニングが始まり、その後に夜明けの地平線団のボスとアリウム・ギョウジャンとの通信が行われているシーンが映ります。

アリウムは夜明けの地平線団が鉄華団に負けたと聞き、それについて抗議していますが、夜明けの地平線団のボスはその話を聞く気はなく、鉄華団に対して報復をすると言います。

その会話シーンが終わると鉄華団の団長である「オルガ」とアドモス商会の「クーデリア」との会話シーンに移り、鉄華団と夜明けの地平線団は近いうちに戦うことになるとの会話があります。

その会話が終わると鉄華団の各メンバーの会話シーンが始まり、その中で鉄華団の新たな機体が火星軌道に到着したこと、その中に鉄華団のガンダムの1機「ガンダムグシオンリベイク」も戻ってきていること、バルバトスの状態についてなどが語られます。

その後三日月とクーデリアの会話シーンなどがあり、鉄華団にギャラルホルンの「マクギリス」から夜明けの地平線団の盗伐の依頼がきます。

オルガはその依頼を受け、依頼内容を鉄華団が所属している組織の「テイワズ」のボスである「マクマード・バリストン」に報告し、好きにやれと依頼について許可をもらいます。

その後場面は鉄華団の地球支部に移り、現状の地球支部の運営がかなり厳しいことと地球支部にいるメンバーの日常シーンなどが映ります。

地球支部のシーンが終わると火星の本隊に戻り、鉄華団の新メンバーであるハッシュがモビルスーツに乗りたいと鉄華団の古参メンバーに言いますが、断られます。

その後ハッシュが自身と同じ新入りの「デイン・ウハイ」に自身の過去と鉄華団に入った目的と今後の目標について語り、デインから「がんばれ」と応援されます。

ハッシュのシーンが終わると場面が変わり、ギャラルホルンの月外縁機動艦隊である「アリアンロッド」のメンバーのシーンが映ります。

アリアンロッドも夜明けの地平線団の討伐を考えていて、その為に「イオク・クジャン」と「ジュリエッタ・ジュリス」を討伐隊として出撃させます。

ギャラルホルンのシーンが終われば、バルバトスの格納庫に場面が移り、三日月とオルガが少し話をして話が終わります。

■嫉心の渦中での感想

嫉心の渦中では、1話と同じく会話シーンがメインの話でした。

最初の戦闘シーンは少し短く、もう少し観たかったという気持ちはありますが、バルバトスが相手をなぎ倒していくシーンはかっこよく、見ごたえがあったので満足です。

さらに三日月とバルバトスは鉄華団の悪魔として相手に恐れられていることが分かり、第1期と同じくバルバトスは鉄華団の先頭に立って戦っているのがわかりました。

三日月はバルバトスに乗っている時しか右目の視力と右腕の感覚が戻らないので、自身の仕事である戦闘では役に立つ為に先頭で戦っていると分かり、その姿勢がかっこいいと思いました。

鉄華団は第1期でもギャラルホルンのマクギリスから協力を得ていましたが、第2期もその関係は変わらず、マクギリスは鉄華団の力をかなり信頼しているのが分かります。

さらにギャラルホルンのアリアンロッド艦隊とマクギリスは協力関係にはなく、今後の話でマクギリス側とアリアンロッド側で内部争いが始まる可能性もあり、その点も気になります。

今回は戦闘が少なめでしたが、夜明けの地平線団の討伐任務を受けていたので、次回は戦闘シーンがありそうなので期待しています。

鉄血のオルフェンズの第27話である嫉心の渦中の中では、戦闘シーンより会話シーンのほうが多い話でした。

しかし、次回以降の鉄華団の動きが分かり、ギャラルホルンもそれに関わってくるようなので、夜明けの地平線団討伐に関して気になる点が多くあり、楽しく観れた回でした。

■鉄血のオルフェンズを無料で視聴する方法

TSUTAYADISCASのTV配信を利用すれば鉄血のオルフェンズ第2期が何回でも見放題です。

また、第1期についてもDVDを借り放題♪

更に、今なら一か月無料お試し期間がありますので、一か月の間であれば無料で動画のチェックが何度でも可能となります。

「見逃した!」「前回の放送をもう一度見直したい!」という方は登録してチェックするといいですね。

■鉄血のオルフェンズを無料&お得に視聴する方法

鉄血のオルフェンズはアマゾンビデオで第1期、第2期ともに視聴可能です。

またアマゾンビデオはアマゾンプライムの会員(年間3,900円)になれば無料で見放題です。

お金こそかかりますが、その他の動画配信の相場が月1,000円程度することを考えると、アマゾンプライムは月わずか325円で済みアマゾン利用時のお急ぎ便が無料になるなど、動画視聴以外のメリットもあるので非常におすすめですね。

アマゾンビデオでは、鉄血のオルフェンズ以外のガンダムシリーズも一通り見放題になっているところも魅力です。

多少お金を払ってもいい方、またはすでにプライム会員の方はアマゾンビデオで鉄血のオルフェンズをチェックするのがおすすめです!
※こちらも今なら30日間無料体験をやっています!

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアをよろしくお願いいたします。

-アニメ