ゲームコラム

シューティングゲームはスマホで

2016/07/08

images (1)

アプリゲームはコンシューマーゲームに比べてイマイチ重厚さに欠ける
という勝手な印象から敬遠してきたのですが、
いい加減スマホの容量も大きくなってきたのでちょっとずつ
トライしていくようにしています。

で、今日の本題は、スマホでシューティングはなかなかいいな、というお話。

スポンサーリンク



シューティングゲームって昔から無性にやりたくなるときがあるんですが、
コンシューマーゲームでわざわざソフト買ってきてやろう、
とまではなかなかならずに、やりたいな~と思いをはせては忘れる。
を繰り返してきたんですよね。

それが、最近ではアプリゲームで結構シューティングがあるじゃないですか。
しかも、アーケードやコンシューマーゲーム機向けに作られたシューティングより
やりこみ要素なんかが増えてゲームとしての充実度もアップしていますよね。

▼なぜスマホでシューティングゲーム?

・スマホ画面が縦長だから
まず、スマホでシューティングがいいと思う第一の理由は、
スマホ画面がアーケードゲームみたいに縦長になっているってところですね。

テレビ画面で盾スクロールシューティングをやろうとすると、どうしても
画面の縮尺に限界があった。
正方形に合わせるか、端っこを切り落として縦長にするしかなかったわけですよね。

それが、スマホはもともと縦長、しかも結構縦が長いので、やってて気持ちいいわけです。

 

・ソシャゲの特性がシューティングにマッチ

シューティングゲームの醍醐味って、やはり敵が放ってくる弾幕を
かわして、かわして、かわして、かわすことですよね。(笑)

ただ、何時間も画面にかじりついてかわし続けるのは厳しいので、
長時間継続してはあまりできないわけです。

ソシャゲはもともとアクションポイント的なものがある間しか継続して
遊べないので、必然的に休憩が入ってくれてバランスがいいかなと思うわけです。

 

・レベル上げなどの積み上げ要素がうれしい

今までのシューティングってアーケードが主戦場だったので、
アスリート的な感じでステージ1からノーコンティニューでどこまでいけるか、
あるいは何回のコンティニューでクリアできるか、みたいなプレイヤーの技術勝負な
ゲームでした。
頑固職人が勝つみたいなね。(笑)

そうすると、やっぱり飽きが来るのも早いんですよね。
やっぱり、据え置き機でソフトを買おうとはなかなかならないわけです。

ところが(笑)、アプリのシューティングはレベルが上がって、
装備が増えて、射撃性能がコレクションできて…と
RPG要素が盛りだくさんなわけです。

で、きっちりレベル上げすればちゃんとクリアできますよ、となってるわけです。

これはうれしい、これは楽しい、現代っ子向け(笑)、というわけです。

 

▼おすすめシューティングアプリ

個人的に気に入っているシューティングアプリは2つあり、
まったく絞り切れていないのですが、どっちも楽しいです。
軽く触れてみたいと思います。

 

▼ゴシックは魔法乙女

images

ゴシックは魔法乙女

images (1)

使い魔という設定の女の子キャラたちとともにストーリーを進めていくゲームです。
火・水・風・光・闇の5属性があり、5人の使い魔でパーティを編成します。

レベルアップさせる要素が細かく設定され、ソシャゲ的な使い魔の育成もあり、
盛りだくさんで忙しいゲームですが、そこにハマりますね。

接近して敵を倒すとスコアアップなどの面白い要素も盛り込まれています。
今だとユーザーも多くてスコアアタックやフレンド要素なども楽しみ時ですね(^^

 

▼メタル戦記

images

CdP5qTBUMAAmwPf

images (1)

こちらはどちらかといえば王道シューティングな世界観です。
そこがそのまんまいい感じです。(笑)

ガチャで自分が使用するユニットを引いてくるという大胆な(?)仕様ですが、

各ユニットの射撃性能が多彩で楽しめます。

またステージ中も攻撃の強化がサクサク出てきて気持ちいいですね。

ただこちらは少し過疎な感じで、やっててもフレンドの存在を感じません(^^;

日本でリリースされたのは今年初めですが、
「2014年3月より台湾、ヨーロッパ、東南アジア、中東、韓国などでサービスを展開し、
全世界で累計ダウンロード数2億を突破した大人気ゲームアプリ」
という触れ込みなのですが。。

すぐに飽きられてしまったのでしょうか(^^;

確かに、ステージを進めるためのアイテムを稼ぐのがちょっと
めんどくさいという要素があるのですが、
それだけでここまでユーザーが減るものなのか。。

まあ一人で全然楽しめるゲームなので、問題ないですが。

 

いずれにしろ、美少女押しの運命からは逃れられないようです。(笑)

いいですけどね。別に美少女いても。むしろいたほうが。(笑)

まだ試されていない方はぜひスマホでシューティング、試してみてください(^^♪

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

-ゲームコラム