ブログ運営関連

エゴサーチのやり方とは?

2016/07/08

OOK161103346

最近一般的になり始めたエゴサーチというワード。
最近アメトークでも「エゴサーチ芸人」と大々的に取り上げられ、
更に一般化しそうな勢いです。

この記事では、エゴサーチとそのやり方や意味についてまとめていきます。

スポンサーリンク



▼エゴサーチとは

エゴサーチとは、ウェブ上で自身の名前やハンドルネーム、ブログ名などを検索し、
自分自身の評価を確認することをいいます。

エゴサーチというと「自意識過剰」といったネガティブな印象で使わることが
多いですが(アメトークもそこに面白さを見出してテーマとして取り上げている
ように見えます)、自己評価を知るということは、今後の本人の活動に対して
改善材料ともなりえますので、ネガティブな行為というだけではかたずけられない
意義があります

芸人さんももちろんそうですし、事業者やブログ運営者などにとっても、
ウェブ上での自分の事業やブログの評価を知ることは今後の改善につながる
重要なヒントを得ることになりますね。

 

▼エゴサーチのやり方

エゴサーチの具体的なやり方としては、サーチエンジンで検索してみる方法と、
SNS上で調査してみる方法があります。

 

検索エンジンでのエゴサーチ

検索エンジンでのエゴサーチは、
【自社サイト・ブログのURL -site:サイトのURL -site:twitter.com -site:facebook.com】
と検索することで効率的にできます。

上記はどういう意味合いがあるかというと、自社サイト(ブログ)のURLを検索するけど、
サイトそのもの、ツイッターの投稿、フェイスブックの投稿は省いてくださいね。
という検索方法になります。

こうすることで、サイトに対して第三者が言及している部分だけを検索に引っ掛けることが
できるわけです。
上記のほかにもSNS(グーグル+など)を利用している場合には、そのURLも排除する
ようにすると便利です。(-site:google.comと追加することで排除できます。)

この検索結果によって、自社サイトに言及しているサイトやブログがわかります。
全体像を確認することで、属性や傾向が見えてくるかもしれません。

 

SNSでのエゴサーチ

ツイッター上でエゴサーチをする場合は、検索バーに自社サイトのURLを入力します。
短縮URLや、ブログに対して直リンクを張っていないアカウントを引っ掛けることは
できませんが、リンクを張っているツイートはすべてこの方法でカバーできます。

また、ヤフーリアルタイム検索を活用することでツイッターとフェイスブックの
両方をリサーチすることが可能です。
この場合にはサイトやブログのタイトルで検索する必要があります

 

▼エゴサーチのメリット・デメリット

エゴサーチのメリット

エゴサーチのメリットは次のようなものが考えられます。

・自社サイト(ブログ)に興味のある人の属性や傾向がわかる

自社サイト(ブログ)に言及しているということは、多少なりともその内容に興味を
持ってくれていることになりますので、どのような人物が興味を示しているか
知ることができます。
こちらからアプローチしてしまうという選択肢も生まれますね。

・新しい人・ブログを発見できる

ブログ運営に関してですが、ブログ記事に言及してくれている人は、そのテーマや
ジャンルに関心があったり、その人自身も同質のブログなどを持っている可能性が高いです。
追いかけることで発見があるかもしれません

・反応を見て対応ができる

エゴサーチというのは自然発生したアンケート結果のようなものですから、
真摯に受け止めてユーザーのニーズを考えていくことでコンテンツの改善が狙えます。

 

エゴサーチのデメリット

エゴサーチには以下のようなデメリットも考えられます。

・エゴサーチを嫌っている人がいる

特にツイッターによるエゴサーチに関してですが、エゴサーチの結果つながりを
発見したアカウントに対して自らアプローチをした際に、相手方にエゴサーチに
よってたどり着いたことを悟られ、引かれてしまう場合が考えられます。

戦術としてエゴサーチ→アプローチという手法と取り入れていくなら、
一定割合の相手が上記の反応を示すことも計算に入れておく必要があります

あと、これはおまけですが、思わぬ誹謗中傷ツイートなどを見つけてしまい驚く、
といった事象が生じる可能性もあります。
まあビジネスシーンではよほどのレベルでない限り意に介す必要はないですが、
日記感覚でブログをやっている方がこの類にあたってしまうと精神衛生上
よくないですね(^^;

 

▼芸人もエゴサーチでセルフチェック

先日『アメトーーク!』が“エゴサーチ”芸人をテーマに放送されました。
ネットの声を気にしすぎる芸人として、
大久保佳代子・品川祐・ロッチの中岡創一・NON STYLEの井上裕介
ウーマンの村本大輔・ジャンポケ斉藤慎二が出演。

エゴサーチによって称賛や中傷をを見つけたときの対処法に関して議論が
白熱していました。

中でも「名言」と称され(笑)目立っていたのが、
村本さんの

「死ねも慣れればこんにちは。」

の一言(笑)。

本当に尊い商売だと思います。

ビジネス的にも非常に有意義と思われるエゴサーチ
サイトやブログを持っていて導入(?)していない方はやってみるといいですね。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

-ブログ運営関連