司法書士

司法書士試験 直前期の過ごし方

2016/07/08

PAK105215431

▼本試験直前!どう過ごす?

司法書士試験の直前期といえば一般的には4月~6月のラスト3か月を指しますが、
知識量がものをいう司法書士試験では、この時期は非常に重要になります。

ただ、「重要」という意識が先行すぎた結果焦ってろくに対策ができなかった
なんて話もよく耳にしますね(^^;

本気であればあるほど焦る、受験回数が増えれば増えるほど焦る。
わかりますが、そういう状況の人ほど、

「焦ってる場合じゃない」

ですよね。

合格しなくちゃ始まりませんから。
この記事では、管理人ヤマダが司法書士試験の合格を勝ち取った年の直前期の
過ごし方をもとに、上手な直前期の過ごし方について考えてみようと思います。

スポンサーリンク



 

▼模試は受けたほうが良い。ただし、模試の結果に囚われ過ぎるのはNG

直前期、資格予備校では演習や模試が開催されます。
各予備校が一斉に開催しますので、すべて受けようとかすると模試ばかりになって
インプットの時間がさけなくなってしまいます。

なので、模試という模試をすべて受けよう!みたいなことはやめたほうがいいですね。

ただ、アウトプットの練習を直前にしておくことは大切なので、
予備校を一校に絞ってそこで模試を受けるといいでしょう。

受ける予備校は基本的にはどこでもいいと思いますが、
ある程度規模があったほうが結果のデータなどが正確に出ますので、
あまり小規模な予備校は避けておきましょう。

また、模試を受ければ大抵合格判定が出てきますが、この結果は気にしない
ようにしましょう。

私は合格した年は直前の模試の結果はD判定を連発していました。
記述がかみ合わないということが結構あったんですね。

逆に、午後択一で足切りを食らうという結果に終わった2回目の受験の時は
A判定ないしはB判定しか出ませんでした。

やはり試験は水物ですし、予備校の問題は独特のくせがあったりして
本試験とは若干テイストが違います。

なので、模試でしっかり点が取れているからといって本試験で同じように取れる
とは限りませんし、逆に、本質的な部分の理解がしっかりとできていれば、
模試でよい判定が出ていなくても本試験ではしっかりと結果を出すことができます。

大切なのは、自分のリズムを崩さないこと。
模試の合格判定がどうだろうと気にせず、回答の中身の分析だけを淡々とこなす
ようにしましょう。

本試験を突破さえできればあとはただの手段!としっかり自覚することが大切です。

 

▼直前期はチャンス、とは言え…

暗記科目が多い司法書士試験では、知識を詰め込むという意味で直前期は非常に
おいしいタイミングになります。

しかし、ここで注意したいのが、チャンスだからと無理しすぎて本試験前に大失速!
という状況に陥ってしまうこと。

これだけは避けたいですね。

必ず自分のリズムを維持することに徹してください。
ある種悟ることが大切ですね。

休む時は自信をもって休む!すべてを正当化しまくって精神の安定に徹しましょう。

私は結構マンガを読んだりしてましたね。
バカボンドとか、ドラゴンボールとか(笑)。
こういったマンガも極限状態で読むと気づきをくれるものですよ。

両手両足を骨折しても頭が残ってるといって頭突きでピッコロを倒す悟空とかね。
あーこのレベルで戦わないとな、とか思えるわけです。

バカボンドも武蔵が吉岡一門との切り合いで悟るシーンとかすごい気付きを得ましたね。
「ぬたあん」のやつですね。全身脱力ですよ。
あー、この境地でやればいいんだなと。

 

▼超直前期、気を練っておく(笑)

冗談みたいなサブタイトルを付けましたが、個人的にはマジです。(笑)
本試験当日のコンディションを最高にするために、できることはすべてやります。

私は一週間か二週間前くらいから「気を練る」という作業を始めました

具体的には、まず座禅を組んで軽く瞑想します。
そして、ゆっくり両手を上にあげ、そこからゆっくりと肩の高さまで下げてきます。
このとき手の平に体中の気を集めることをイメージしておきます。

肩の高さまで腕を下げたら、今度はゆっくりと腕を曲げて手を胸の前へ、
両手の平に集めた気を合わせて丸くして、胸に入れ込んでいきます。

うん。
文章にするとものすごい怪しいですね。(笑)
まあ、実際やってるところも怪しいでしょうけどね。
やるときは一人で個室でやるようにしましょう。(^^;

まあ、やり方はなんでもいいんですが(いいんかい!?)、瞑想などの静かな時間を
取ると心が落ち着いたり集中力が高まったりするので、オススメですよ、
というお話です。

だまされたと思ってぜひ、試していただきたいですね。

私はこれをやって試験当日の朝は今までに経験したことがないくらい頭がすっきりして
いましたよ。
前日はあまり眠れなかったんですけどね。
(直前期にイニシャルDを読みまくっていたため(どんだけマンガ読んでるんだ(^^;)、
めちゃめちゃ峠できわどい勝負をしている夢を見て苦しんでいました(笑)。)

ただ、それでも午後の試験中にはやはり集中が一度切れると思いますので、
それもはじめから計算に入れておいてください。

直前期を超えれば本試験です。

もうひと踏ん張り、頑張ってください!

 

本試験当日の過ごし方についてはこちらをご参照ください。

司法書士試験 当日の過ごし方は?

-司法書士